タクシードライバーへ転職するために必要なもの
ロゴ

タクシー会社へ転職するには資格が必要![二種免許の基礎知識]

タクシードライバーへ転職するために必要なもの

おもちゃのタクシー

二種免許の取得方法

タクシードライバーへ転職をしようと考えている方はタクシードライバーになるために必要な二種免許は取得していますでしょうか?もし取得していない場合はタクシードライバーとしてお仕事をすることができません。二種免許を取得するためには2パターンあります。一つ目はタクシー会社に入社して研修期間中に二種免許を取得する方法。二つ目に自身で教習所に通うか合宿免許で二種免許を取得する方法。大抵は一つ目のパターンで取得することがほとんとです。

二種免許を受験するための条件

普通免許を受験しようとするときに条件があったように、二種免許を受験するときも条件があります。まずは一つ目に年齢が21歳以上であることが条件です。この年齢に達していない場合は21歳になるまで待ちましょう。二つ目に普通免許を取得してから3年以上であることです。取得してから免許の取り消しがある場合はその取消期間を除いた期間で3年以上経過する必要があります。三つ目に視力が片目で0.5以上で両目で0.8以上あることが条件ですが、メガネ着用でも大丈夫です。また聴力検査もクリアしている必要もあります。

二種免許の試験内容

普通免許の試験の時と同様に学科試験と技能試験があります。学科試験は全部で95問ありこのうち90点以上取れば学科試験は合格となります。なお普通免許の学科試験より難易度が高い傾向にあるようです。事前に普通免許を取得する際に習ったものを入念に復習しておきましょう。次に技能試験ですが90点以上取れば晴れて合格となります。教習所の敷地内で実施する試験と路上で実施する試験の両方をやることになります。学科試験と技能試験を合格した後に旅客車講習と応急救護講習を受講した後に二種免許が交付されます。

どの会社を選べばいいか分からない

一口にタクシー会社と言っても全国にたくさんのタクシー会社が存在します。タクシー業者への転職を考えていて会社選びに四苦八苦されている方のために選び方のコツを伝授します。

タクシー会社を選ぶうえで優先すべき項目

no.1

どれくらいの規模の会社を選ぶか決めておく

タクシー会社には大手の会社や小規模の会社があります。大手の会社は福利厚生も手厚く研修制度もしっかりしていることが特徴です。大手のため知名度が高いので応募者も多く倍率が高いです。小規模の会社は社員個々の面倒見がよい傾向にあります。また採用の倍率も低い可能性があります。転職に成功するためにはどの規模の会社が自身に合っているか確認することが一番大切です。

no.2

高い歩合率の会社を選ぶ

転職するのであれば、今の会社より多く稼ぎたいと誰しもが思ってるはずです。多く稼ぎたいのであれば歩合率が高い会社を選ぶとよいでしょう。ほとんどのタクシー会社に歩合給が存在します。売上金額から歩合率を掛けた金額が歩合給になりますので、歩合率が高いとそれだけ給料も高くなります。例えば月の売上が50万円あったとして、歩合率が60%であれば30万円が歩合給となります。

no.3

営業エリアが人口が密集している場所の会社を選ぶ

基本的に会社から指定されたエリアの範囲のみでしか営業ができません。人口が多いエリアであれば、それだけ多くお客さんを乗せることができるチャンスがあります。多くお客さんを乗せればそれだけ売上も多くなります。

no.4

補償が充実している会社を選ぶ

一ヶ月のほとんどを運転に費やしますので、事故に遭うリスクもそれだけ高くなります。安全運転で仕事をするのが大前提ですが、万が一事故に遭って車が損傷したり、人間に損害を与えてしまう可能性もあります。通常であれば車の修理をしたり被害者への損害賠償が発生します。そのような時にしっかりと補償してくれる会社であれば安心して業務に励むことができます。

no.5

立地がよい会社を選ぶ

会社がどこの場所に位置しているかもチェックするポイントです。もし歩いて行ける距離であれば、通勤する時に長時間電車やバスに乗らなくても済みますしストレスもたまりません。また会社が人通りの多いところにあれば会社から出てすぐにお客さんを乗せることだってできます。求人を探すに気になる会社があれば、実際にその会社の場所まで行ってみて「通勤がしやすいか」「周辺は人通りが多いか」の点をチェックしましょう。

広告募集中