タクシー求人の面接には入念な準備で挑もう
ロゴ

マナーを守ることがカギ!タクシー求人の面接突破のコツ

タクシー求人の面接には入念な準備で挑もう

運転手

面接の際の身だしなみに気をつける

タクシー求人を見つけたら応募の連絡して面接に挑むという流れになると思います。どの業界でもそうですが、タクシー会社の面接の際もしっかりとした服装で面接しましょう。基本的にはスーツを着用してください。色は黒がいいですが、黒のスーツがない場合は黒に近い色のスーツを着用するようにしましょう。またスーツもズボンも前もってアイロンをかけて折り目をつけておきましょう。シワだらけだとマイナス評価になります。男性であればヒゲを剃っておきましょう。無精髭だと不潔に見えてしまいます。男性でも女性でも髪型は整えたほうがいいと思います。これらの身だしなみに気を配っておけば第一印象は良くなるはずです。

面接での礼儀

面接当日は面接予定時間の15分くらい前には面接場所に着いているようにしましょう。遅刻は絶対にしてはいけません。入室するときは元気よく挨拶しましょう。ボソボソと言ってしまうと暗い印象を相手に与えることになります。面接官から質問されますので、相手に聞こえやすいように答えてください。ここでもボソボソと話してしまうと面接官が聞き返してしまいます。これが繰り返してしまうと時間が無駄に過ぎてしまい面接官も怒ってしまいます。また答える際は面接官が理解しやすいようにゆっくりと順序立てて答えるようにしましょう。そうすることで面接官に対して好印象を与えることができると思います。

想定される質問集

タクシー業界での面接ではよく質問される内容があります。まず「過去に違反や事故を起こしていないか」についてです。仕事上、車を運転しますので交通ルールを守って安全第一で運転することが絶対条件です。安全な運転ができるかをこの質問で判断します。なお過去に違反や事故を起こしていた場合、正直に話しましょう。嘘をついてしまうと経歴詐称で解雇される可能性が高いです。次に「転職した理由は何か」です。この質問は他の業界で転職する際も聞かれることが多い質問となります。この質問で「すぐ辞めてしまわないか」を見ています。極力ネガティブな内容の理由を言わずにポジティブな理由に置き換えて答えることが大切です。

広告募集中